低金利のカードローンを利用した体験談

低金利のカードローンを探していたとき、15%以下で融資してくれるのはほとんどが銀行だとわかりました。
消費者金融は初回から15%以下で貸してくれるところはなく、銀行より2%以上は高いのです。
低金利で比較をすると必然的に銀行カードローンという選択肢になってしまうのです。
銀行カードローンは低金利の代わりに審査は厳しいと考えていましたが、実際には思っていたほどハードルが高いものではありませんでした。
即日で審査・融資に対応してくれましたし、すぐに振込融資を受けることができました。
消費者金融のカードローンも利用したことがありますが、審査・融資にかかる時間は同じくらいです。
銀行は審査が厳しいと考えていましたが、同ローンで借入額も同額なら審査の難易度にも大差がないようです。
銀行は総量規制の対象外という点もメリットでしたが、借入件数に関してだけは消費者金融よりも厳しい傾向がありました。
金利が低いメリットは、1回目の返済から実感できました。
毎月の返済額が減るので、精神的に非常に楽になるのです。
結局、契約中の消費者金融のローンも銀行ローンで一本化することにしました。
銀行は総量規制の対象外なので、おまとめ資金を全額借りることができました。
消費者金融だと総量規制の対象になるので、おまとめ用としては向いていません。
銀行カードローンで一本化したことで、毎月の返済額は2,000円程度も減ったのです。
返済回数は据え置きですから、借り換えたことによるお得感は絶大です。
こちらも参考になります:今すぐにカードローン審査ガイド|今日中にお金が必要なあなた!

関連記事