カミソリ負けを防ぐ方法

髭剃り後のカミソリ負けを防ぐコツをご存知でしょうか。
そもそもカミソリ負けというのはどういう状態かといいますと、
カミソリで体毛を剃った際に、体毛と共に皮膚の表面を削り落としてしまい、
肌がヒリヒリしたり、かゆくなったり、出血したりする状態のことです。
では、髭を剃った際にどうすればカミソリ負けを防ぐかといいますと…
●剃る前に髭にしっかり水分を含ませる。
一方水分を含ませる事により、髭は膨張し、柔らかく切断されやすくなりますので、
蒸しタオルや35〜40度程度のお湯を使った洗顔で髭にしっかりと水分をふくませてください。
●シェービングブラシを活用する。
よく床屋さんで顔剃りをする際に使われるアレですね。
ブラシの効果として、
・毛穴の奥の汚れを掻き出す効果
・ブラシの先端を通して毛穴の中にまで水分を浸透させる効果
・肌のマッサージ効果
が挙げられます。
シェービングクリームを塗って肌と刃の摩擦を軽減しつつ、
髭をより柔らかくする効果の2重の効果が期待できます。
●最初は髭の生えている方向に沿って剃る
いきなり髭の生え方と逆から剃ってしまうと、髭がカミソリに引っかかってしまい
周囲の皮膚まで削り取ってしまいますので、必ず最初は髭の生えている方向に沿って剃ります。
一通り剃った後に、気になる部分だけもう一度シェービングクリームをつけて逆剃りするようにしましょう。
ここでは一例を紹介しましたが、人の肌には個人差がありますので、
この内容を踏まえて、更に自分にあった髭剃りの方法を探してみてはいかがでしょうか。

関連記事